秋の飛島・1日目

■観察場所: 飛島 その1 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年10月8日(土)
■観察時間: 12:00〜17:00
■天 候 : 晴れ
■観察者 : いが、A子、S先生、I谷、伍號
■観察鳥種:

1 ウミウ
2 チュウサギ
3 マガン
4 マガモ
5 カルガモ
6 ヒドリガモ
7 トビ
8 ツミ
9 ハイタカ
10 ハヤブサ
11 チゴハヤブサ
12 イソシギ
13 オオセグロカモメ
14 ウミネコ
15 カラスバト
16 キジバト
17 コミミズク
18 ヒバリ
19 ツバメ
20 キセキレイ
21 ハクセキレイ
22 マミジロタヒバリ
23 ビンズイ
24 セジロタヒバリ
25 ムネアカタヒバリ
26 ヒヨドリ
27 モズ
28 ノゴマ
29 ノビタキ
30 ツグミ
31 ウグイス
32 シマセンニュウ
33 コヨシキリ
34 オオヨシキリ
35 キタヤナギムシクイ
36 ムジセッカ
37 キマユムシクイ
38 メボソムシクイ
39 エゾビタキ
40 コサメビタキ
41 シジュウカラ
42 メジロ
43 シラガホオジロ
44 ホオジロ
45 コホオアカ
46 カシラダカ
47 ミヤマホオジロ
48 アオジ
49 シベリアジュリン
50 オオジュリン
51 アトリ
52 カワラヒワ
53 イカル
54 スズメ
55 ホシムクドリ
56 ムクドリ
57 ミヤマガラス
58 ハシボソガラス
59 ハシブトガラス


■コメント:
●本日の状況
・海はかなり揺れたが、島は風も弱く、暖かだった。
・割と個体数はいる感じ。


●種類毎のコメント
・マガンが1羽飛んで行った。
・コミミズクが2の畑にいた。
・マミジロタヒバリは上のグランドに1羽。
・セジロタヒバリは、上のグランドに1羽。藪から飛んで出たのみ。
・ムネアカタヒバリは、校庭に数羽いた。
・シマセンニュウは、ヘリポートに数羽。
・キタヤナギムシクイは、2の畑にて。
・キマユムシクイが多い。
・シラガホオジロが、ヘリポートを中心に多い。
・コホオアカが多い。
・シベリアジュリンは、ヘリポートにて。
・ホシムクドリは校庭にて。


●今日の目玉
・マガン
・マミジロタヒバリ
・セジロタヒバリ
・キタヤナギムシクイ
・ムジセッカ
・シラガホオジロ
・コホオアカ
・シベリアジュリン
・ホシムクドリ


●その他情報
・ハチクマ
・ムギマキ
・カラフトムジセッカ
など


▼キタヤナギムシクイ (撮影:Y崎:鳥合わせに加わっていないがゲスト参加いただきました)



▼ホシムクドリ (撮影:伍號)




<地酒レポ>


●十四代 純米吟醸 雄町(じゅよんだい・おまち)
 高木酒造株式会社(山形県村山市)

1800ml 4200円 2011年8月製造
・美味いが、苦みが気になるのと、少し甘いかな?(伍號)
・味わいはいいが、最初の苦みが引っ掛かる(いが)
・甘くておいしい。(A子)
・フルーティ。(I谷)

・多摩市の小山商店で購入。
・原料米:雄町(50%精白)
★★★★(4点)


●東北泉 純米大吟醸 出羽の里(とうほくいずみ・でわのさと)
 合資会社 高橋酒造店(山形県飽海郡遊佐町)

720ml 1785円 2011年9月製造
・香りが変わってる。ややヘビーな印象。(伍號)
・これも美味い。(いが)

・酒田の阿部酒店で購入。
・原料米:出羽の里(45%精白)
★★★★(4点)


●惣邑 純米吟醸 出羽燦々(そうむら・でわさんさん)
 長沼合名会社(山形県長井市)

720ml 1450円 2011年7月製造
・少しヒネを感じる。(伍號)
・ちょっと重い。(いが)

・酒田の阿部酒店で購入。
・原料米:出羽燦々(50%精白)
★★★★(4点)


●北鹿 純米吟醸原酒 ひやおろし(ほくしか)
 株式会社 北鹿(秋田県大館市)

720ml 1***円 2011年8月製造
・ややヒネを感じてしまう。(伍號)

・A子さん持ち込み。
・原料米:秋田酒こまち(50%精白)
★★★☆(3.5点)


●弁天娘 純米 山田錦(べんてんむすめ)
 有限会社 太田酒造場(鳥取県八頭郡若桜町)

720ml 1***円 21BY
・独特の酸味があり、やはり熟成感がある。(伍號)
・これまでのと全然違うが後味がいい。気にいった。(いが)

・I谷くん持ち込み。
・原料米:山田錦(80%精白)
★★★★☆(4.5点)




<伍號>

秋の飛島・2日目

■観察場所: 飛島 その2 (山形県酒田市) 
■観察環境: 離島
■観察日 : 2011年10月9日(日)
■観察時間: 6:00〜17:10
■天 候 : 晴れ
■観察者 : いが、A子、伍號
■観察鳥種:


1 ウミウ
2 チュウサギ
3 マガン
4 ヒドリガモ
5 ハチクマ
6 トビ
7 ツミ
8 ハイタカ
9 ハヤブサ
10 チゴハヤブサ
11 オオセグロカモメ
12 ウミネコ
13 カラスバト
14 キジバト
15 ヒバリ
16 キセキレイ
17 ハクセキレイ
18 ビンズイ
19 ムネアカタヒバリ
20 タヒバリ
21 ヒヨドリ
22 モズ
23 ジョウビタキ
24 ノビタキ
25 イソヒヨドリ
26 トラツグミ
27 シロハラ
28 ノドグロツグミ
29 ウグイス
30 コヨシキリ
31 キタヤナギムシクイ
32 ムジセッカ
33 カラフトムジセッカ
34 キマユムシクイ
35 キビタキ
36 シジュウカラ
37 メジロ
38 シラガホオジロ
39 ホオジロ
40 シロハラホオジロ
41 ホオアカ
42 コホオアカ
43 カシラダカ
44 ミヤマホオジロ
45 ノジコ
46 アオジ
47 シベリアジュリン
48 オオジュリン
49 カワラヒワ
50 スズメ
51 ハシブトガラス


■コメント:
●本日の状況
・珍鳥は出ているが、全体的な個体数は少ない。
・しかも鳥が多い場所は限定的で、そこ以外は鳥がほとんどいない。


●種類毎のコメント:
・マガン1羽が、法木の畑にいた。昨日の個体だろう。
・ノドグロツグミは、亜種ノドアカツグミ♂第1回冬羽が、四谷ダム付近の林道にて。
  ずいぶんと長い間、樹上で採餌していたので、多くの人が観察できたようだが、第一発見は我々のようだ。
・キタヤナギムシクイは、2の畑にて朝のみ。
・カラフトムジセッカは、2の畑で1羽。珍しくよく地鳴きしていた。
・シラガホオジロとコホオアカは相変わらず多い。
・シベリアジュリンは、ヘリポートにて。


●今日の目玉
・マガン
・ノドグロツグミ(亜種ノドアカツグミ)
・キタヤナギムシクイ
・ムジセッカ
・カラフトムジセッカ
・キマユムシクイ
・シラガホオジロ
・シロハラホオジロ
・コホオアカ
・シベリアジュリン


●その他情報
・コミミズク
・セジロタヒバリ
・ムギマキ
など


▼ノドグロツグミ(亜種ノドアカツグミ)(撮影:いが)




▼カラフトムジセッカ(撮影:いが)




▼法木の畑のマガンとネギ(撮影:いが)




▼シラガホオジロ♂(撮影:いが)




▼シラガホオジロ♀(撮影:いが)




▼シベリアジュリン(撮影:伍號)




▼ムネアカタヒバリ(撮影:伍號)




▼ハヤブサ(撮影:伍號)




▼同宿の方が釣った10kg超のコブダイ(撮影:伍號)





<地酒レポ>


※昨日と同じなので省略。

<伍號>

back to Tobishima information

P-pro top page

inserted by FC2 system